ツイッターの投稿画像をパワーポイントで作成してみた!

デジタル

ツイッターの投稿画像をパワーポイントで作成してみた!

ツイッターの画像は16:9の比率になっています。

パワーポイントの「16:9」の比率を使うと、ぴったりの画像が作れます!

ちなみに、作る手順を説明すると、次のような感じ。

まず周囲の余白を設定します。

余白設定ではなく、画像挿入で余白を作っていきます。

1センチ幅で四角形をつくり、左右上下に配置。

枠線は黒で、塗り潰しを「なし」にします。

その後、コンテンツを作っていきます。

文字は「図形」で枠を作り、右クリックで「テキストの編集」で編集。

その後、いらすとやなどからイラストを拝借し、配置。

写真データならPixabay などがいいでしょう。

それで完成したデータはパワーポイントデータとして保存。

その後、PNGやJ JPGでエクスポートします。

その時に、「このスライドだけを使う」という指定をするといいです。

それでできた画像をツイッターに投稿すると、枠にぴったりの画像を投稿することができます!

画像を確認する手間が省けるので、きれいに収まっている感じがします。

企業などの広告アカウントでは、このサイズの動画などがよく使われますね。

動画を作る時も、ツイッターに投稿するのであれば、16:9の比率にするといい感じです。

ちなみに私はこの機能を使って、小説を投稿しています。

ショートショートと呼ばれる短い物語で、読み切りです。

リンクを貼るとエンゲージメント率が下がるという話を聞いたので、回避するためにやっています。

この作戦にしてから、ついつい1日に10ことか投稿してしまって、若干タイムラインを汚す結果に。笑

それでも予約投稿の機能もデフォルトになったので、この画像データはこれからも重宝しそうです!

 

無料の写真データがダウンロードできるサイト

 

https://pixabay.com/ja/

 

無料のイラストがダウンロードできるサイト

 

かわいいフリー素材集
いらすとやは季節のイベント・動物・子供などのかわいいイラストが沢山見つかるフリー素材サイトです。

 

スカイプのキャンセル方法

Skype番号をキャンセルできない時の対処方法
Skype番号がキャンセルできない時の対処方法をまとめています。(3分で読めます)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました